BLOGブログ
BLOG

神保町 和食 和Dining三十 内装について

2018/05/29
店内

皆さまお疲れ様です、神保町駅近くの隠れ家的な日本料理店「和Dining三十」の店主佐藤です!

 

最近大きなトラブルが発生しました!
何かといいますと、お店の電話回線が故障して(原因は断線でした)電話やネット環境が一切使用不可能になってしまいました。泣(
今日からまた使えるようになり一安心です。)

 

さて今回はお店の内装について書いていきたいと思います。
 

当店は日本料理店ですが、木目調の内装でカジュアルでありながら、落ち着いた高級感があるお店の内装となっています。
お店の立地も駅から近いですが、一本裏に入っていますので隠れ家的な雰囲気でもあります。(少々隠れすぎて見つけづらい難点もありますが。笑)

店内はテーブル席14席とカウンター席7席に分かれており、テーブル席では椅子とソファ席がございます。


テーブル席側はどちらかと言いますと、洋食店のようなモダンな造りなっており、会食や接待などに使われる時が多いです、

 


一方カウンター席は入口より少し奥の方にあり、和の雰囲気を残した感じになっており、お一人様でも食事やお酒を楽しめる空間に成っています。
ちなみにカウンター内では店主である私が調理をしていますので、調理作業を見たり、会話を楽しむことも出来ます。

出来るだけお客様にゆったりとお食事を楽しんでいただき思いがあり、この様な内装に致しました。 (工事を請け負って頂いた業者様ありがとうございます!)

 

色々なシーンで使えるお店だと思いますので、お一人様から団体のお客様まで、ぜひおまちしております。!

 

今回は以上です、ありあとうございました。
 

 

今回の用語は「おか上げ」
おか上げ(おかあげ)とはゆでたり、煮たりした材料を水に落として覚まさずに、ざるなどに引き上げて冷ますことです。
食材を水っぽくしたくない時などに使われる技法です。