BLOGブログ
BLOG

神保町 和Dining三十の単品メニュー

2018/04/28
和風ぷりん

皆さまお疲れ様です、神保町駅近くの隠れ家的な日本料理店「和Dining三十」の店主佐藤です!

今日からGWという人もいらっしゃいますね、私は明日、明後日とお店を休ませてて頂きます。(営業は致しませんが店内で作業していると思います(笑))

 

今回から複数回にわたり当店で扱っている単品料理の紹介をしたいと思います。

 

当店の単品では定番メニューと月替わりのメニューの2つで構成されており、月替わりのメニューは季節の品物を使った料理や、コース内の料理で単品で出せるものを乗せています。又人気があるものは定番メニューに昇格したりします!

 

次に当店で人気の単品料理を紹介したいと思います!

まず紹介いたしますのは当店のランチで女性のお客様が8割がた注文するエース格の「和風ぷりん」!
ランチの定食に+100円で付いてくる和風の調味料で作られたプリンで、カラメルが実は味醂と醤油と生姜で出来ており、生地も砂糖が少な目で味醂の甘味で付けており、しつこくない甘味です。

 


最初はランチのみでしたがご要望がありディナーの単品にも追加したぐらい人気の商品です!

 


ちなみに金曜日等ディナー時にとある条件をしていただくと、なんとこのプリンがサービスで食べられるサービスデイなどもございます。


Instagramやfacebook、Twitterなどで臨時のイベントをつぶやいたり致しますので気になる方は是非フォローお願いします。

 

今回は以上です、ありがとうございました!

今回の用語「化粧塩」
見た目を綺麗に仕上げる方法のひとつ。
魚を焼く直前に、ヒレや皮目など焦げやすい場所に塩してから焼くと塩がきれいに白くうかびます。表面が塩で覆われるため、魚の皮やヒレ等を焦げにくくし、見た目がきれいに焼けます。
これからの季節だと「鮎の姿焼き」などに必ず使う技法でです。