BLOGブログ
BLOG

都内で珍しいふぐ真子糠漬け

2018/04/26
ふぐ真子茶漬け

皆さまお疲れ様です、神保町駅近くの隠れ家的な日本料理店「和Dining三十」の店主佐藤です!

 

今回は「ふぐ真子糠漬け」について書いていきたいとおもいます!

 

ふぐ真子糠漬けとは、本来ふぐの卵巣は毒がある部位ですが、ふぐの卵巣を塩漬と糠漬し、2年以上発酵し熟成させる過程で毒が抜け食べられるようになるとても貴重な珍味です。

 

本来毒がある部分を食べられるように命がけで試行錯誤を繰り返して食べられるようにした昔の人はすごいなと只々思いました。(笑)

食べ方は糠を取ってから薄くスライスし、少し炙ったり、大根と一緒に食べたりレモンなどの柑橘類をかけてそのまま食べますが、味は驚くぐらいしょっぱいので、お酒のあてや御飯との相性は抜群です。
最初たべたときはかなりその味に衝撃をうけました!

 

当店ではその「ふぐ真子糠漬け」を使用し、刻んだ葱、山葵、ふぐ糠漬け(身)を上に乗せ、かつお節と昆布で取った一番出汁を上から注いだお茶漬けを提供しています。
お酒を飲んだ後の〆として人気のある一品であります。
基本は単品メニューでお出ししてますがコースの中に入れる事も可能です!

 

都内だと中々知っている人は少なく、偶に知っているお客様は石川県出身の方が多いです、実は私自身も石川県に行く前までは、見たことも聞いたことも無かったです!(笑)

 

このブログを読んで気になった方は是非、東京神保町駅近くの和Dninig三十にお越しください!

今回は以上ですありがとうございました!

 

今回の用語「すり流し」
野菜や魚介類等の材料をよくすりつぶした後に出汁などで伸ばした汁物で、よく椀物などに使われる技法です。
ちなみに当店でもよくつかいます(笑)